減反政策
げんたんせいさく

米の作付け面積を減らし、他作物への転換を奨励する政策。1971年(昭和46年)から、米の需要と供給のバランスをとるために始められた。


【掲載記事】

・福原圧史さんインタビュー(前編)