奇鹿神社
くしかじんじゃ

島根県鹿足郡吉賀町七日市にある悪鹿伝説(あしかでんせつ)の残る社。

足が八つあり角が八又に分かれている八畔鹿(やくろしか)がこの地を荒らし回ったので、都から招かれた武士が退治したものの、その後武士は死んでしまったため、悪鹿(あしか)の祟りを恐れ土地の人が神社を建立し、悪鹿を祀ったと言われている。

現在の吉賀町の地名は、悪鹿を良鹿(よしか)として吉賀(よしか)の地名をあてたと言う説もある。


【掲載記事】

・三浦ちづるさんインタビュー