茂倉鉱山
もぐらこうざん

明治末期に開発が始まり、昭和40年代に入り、輸入鉱石の増加に伴い閉山となるまで操業。主に銅や石膏などが採掘されていた。


【掲載記事】

・深澤礼子さんインタビュー