鹿の狩猟規制の歴史
しかのしゅりょうきせいのれきし

シカは、法の制定により増減を繰り返してきた歴史がある。


1892年(明治25年)

「狩猟規則」制定とともに1歳以下のシカの捕獲禁止措置がとられる。


1901年(明治34年)

「狩猟法」の改正を受けシカの禁猟が解除される。


1918年(大正7年)

「狩猟法」の改正にともない狩猟獣に指定される。これ以降、基本的には戦後まで狩猟獣として捕獲され続け、各地の個体数は減少。


1948年(昭和23年)

メスジカが狩猟獣から除外される。


1950年(昭和25年)

オスジカのみが狩猟獣とされる。しかし、生息数は各地で減少、各地で 捕獲禁止の措置がとり続けられた。


1978年(昭和53年)以降

環境庁はオスジカの捕獲数を1日1頭に制限。保護政策は、暖冬の継続などの影響も加わり、次第に効果を発揮。


1980年代(昭和55年)以降

各地の個体群の状況は大きく変わり、個体数が増加。農林業被害や自然植生への影響が深刻化。


1992年(平成4年)

環境庁は最初の「管理マニュアル」を作成。


1994年(平成6年)

一定の条件のもとで「メスジカ狩猟獣化」を許可。


1998年(平成10年)

シカを含む毛皮獣の狩猟期間短縮措置を廃止。北海道では捕獲数制限を1日1頭から2頭に変更。


1999年(平成11年)

「特定鳥獣保護管理計画」制度が新たに創設。


2002年(平成14年)

「鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律」として改められる。


2006年(平成18年)

再度の改正により、休猟区であってもシカ・イノシシなどの狩猟が可能となる「特例休猟区制度」の創設や、網・わな免許の分割が行われるが、全国的に深刻なシカ被害を解決できないまま現在に至る。


【掲載記事】

・深沢守さんインタビュー