白装束
しろしょうぞく

白ずくめの服装。神事で、神主・巫女・修験者などが身に着ける単衣のこと。また、仏式の葬儀で故人に着せる服装のことも指す。

白は清浄無垢を意味し、神事や凶事などに着用された。


【掲載記事】

・星野文紘さんインタビュー