TPP
ティーピーピー

環太平洋戦略的経済連携協定(Trans-Pacific Strategic Economic Partnership Agreement もしくは Trans-Pacific Partnership)の略称。
アジア太平洋地域を中心とする国々が、関税を撤廃し「ヒト・モノ・カネ」の移動を自由化しようという経済連携協定の一つ。


2006年(平成18年)にシンガポール・ニュージーランド・チリ・ブルネイの4カ国間で発効した(P4協定)が前身で、2010年(平成22年)に米国・豪州・ペルー・ベトナムの8ヵ国が交渉を開始し、現在はマレーシア・カナダ・メキシコ・日本を加えた12ヵ国が交渉に参加している。


2013年(平成25年)3月、安部晋三首相は、TPPの交渉に参加することを正式に表明した。日本がTPP交渉に参加する最大の狙いは「輸出競争力の維持・向上」にある。


TPP参加のメリットとして、たとえば小麦や牛肉などを消費者が安く購入できたり、新たな消費市場の開拓の道が開けるといったことが挙げられる。また、アジア太平洋地域での貿易のルールづくりを主導するといった意味でも重要だ。
しかし、TPP参加にはデメリットも予想され、外国産の安い農作物が大量に輸入されることで、日本の農家が打撃を受ける可能性があることや、食品添加物や遺伝子組み換え食品、残留農薬などの規制緩和により、食の安全が脅かされることが懸念されている。


日本の食の安全・食料の安定供給・医療や保険など暮らしに密接に関わる協定であるため、さまざまな議論が続いている。


【掲載記事】

・福原圧史さんインタビュー(前編)