雑木
ざつぼく・ぞうき

建築材などに適した材木(スギやヒノキなどの針葉樹)に対し、経済的価値が低い広葉樹を指す。しかし、雑木の多くは落葉樹で、落ち葉が腐葉土になりふかふかの土を維持し、動物や鳥類にとって餌となる実をつけることから、生態系を維持する上でも不可欠な存在である。


【掲載記事】

大城慶太郎さんインタビュー

竹岡章さんインタビュー

野口菊秋さんインタビュー

マーク・フェネリーさんインタビュー

・家中茂さんコラム